せかまどのちょっとしたワルツな日々(^^)

東京でOLをしています☆ 中学2年生の時に沢木耕太郎さんの本を読み、 バックパッカーの清濁合わせ飲む世界に興味が湧き、 その影響で旅が大好きに♪♪ 毎日、旅には出れないので せめて毎日Waltz(ワルツ)にしたい!と 普段の日々をワルツにするための日々日記です (^^)

2020年07月

こんばんは🌳
せかまどです☺️

明太子を日本人向けにアレンジした
ふくやの創業者 川原俊夫氏は
明太子の製造方法や味を、企業秘密とせず

知りたい人にはどんどん教えたそうです🌸

そのため、博多には明太子のお店が増え
名産品にまで上り詰めました!


損して得取れとはまさにこのこと!

目の前の利益ではなく
先の状態を見て動く!

本当にすごいなと感動しました!
😊☘️🌈✨

先人に見習い、精進していきます!

こんばんは✨
せかまどです😄🌈

炙り明太子が好きな私ですが
ふっと、明太子って博多が発祥なのかな?
と気になり調べてみました!

そしたら、なんと
元は朝鮮半島から伝わってきた
食べ物であることがわかりました!
👍💕

スケソウダラの卵が
捨てられいるのがもったいない
というところから始まり普及したそう!

日本人に合う味にするのに
ふくやの創業者が10年試行錯誤して
作ったそう!

熱々の白いご飯と明太子
また、食べたくなってきちゃいました!
☺️💓

では、本日はこのへんで🌳

IMG_4498

パンチが効いた
アクセサリーが欲しくて
現在、探し中~😆🌈✨

真ん中か、右か、左のも
捨て難くて、、

決めれませんでした笑🌸

決断力大事!💪💕

IMG_5446


明太子マヨネーズでした笑✨

他にも各地の味が出ていたので
試してみたいなと思います😆🌈

こんばんは✨
せかまどです✨

前のブログを書いていて
ふっと、かやくご飯?ってなぜ
かやくご飯と言うのか気になり🌸
由来を調べて見ました!
😄☘️✨


火薬からきているのかと思いきや!

なんと加薬ごはん!

かやく」は「火薬」ではなく「加薬」と書き、本来は漢方薬の効果を高めるために補助的な薬を加えることや、その薬をいう漢方の用語である。 その補助的な意味から、五目飯やうどんに入れる具(主材料を引き立たせる副材料)を言うようになり、五目飯を「かやくご飯」と呼ぶようになった。

単語1つですが
すごい深いですよね☺️☘️✨


↑このページのトップヘ